IMG_20200111_143034.jpg

バイヤーズエージェントとは?

テキサス州でライセンスを持つ不動産エージェントは、物件を買いたいお客様と具体的な話をする前に、該当取引において自分は誰を代理するのかを明確にする義務があります。IABS(Information About Brokerage Services)という書類を提示します。  

米国不動産売買において、各エージェントは売主(セラー)と買主(バイヤー)のいずれかを代理します。一般消費者保護のため、テキサス州では両者を兼ねるデュアルエージェンシーは禁止です。

物件を売りたい人は「セラーズエージェント・リスティングエージェント」と専属契約します。売主の利益を最大化するため、なるべく修繕せず、出来るだけ高値で物件を売ろうとします。

一方、物件を買いたい人は「バイヤーズエージェント」と専属契約します。バイヤーズエージェントは買主が希望する条件に基づき、市場から物件を探し、買主にとって出来るだけ良い条件、かつ安く購入出来るよう、売主側エージェントと交渉します。

複数のエージェントと同時に契約することは出来ません。ご自身でよく調査した上でバイヤーズエージェントをお選びください。

買い手のお客様から、不動産サイトの広告経由でお問い合わせになったり、お客様のみでオープンハウスでご内覧されると、バイヤーズエージェントが取引に関われなくなる可能性があります。ご注意ください。