PXL_20210606_224336201.jpg

インターネットやオープンハウスで家を探しています。

ネット上で見かける販売物件の広告主は売り手が雇ったリスティングエージェントです。物件に興味を持った一般の方が、広告主に直接コンタクトした場合、不動産取引のプロであるリスティングエージェントと価格・条件交渉することになります。


買い手となる一般の方がバイヤーズエージェントを雇った場合には、交渉はすべてバイヤーズエージェント経由で行うことになります。


ご内覧の際には必ず、バイヤーズエージェントが同行します。オープンハウスも要注意です。フレンドリーなリスティングエージェントに質問され、うっかりご自身に不利になる情報(= 売り手に有利となる情報)を開示してしまう、ということを避けなければいけません。

一般の方が仕組みを知らずに問い合わせると、広告とは全然関係のない不動産会社・エージェントだった、ということが起こります。何も知らない買い手に対して、バイヤーズエージェントとなることを申し出て来ます。不動産会社・エージェントの役割がよくわからないまま、専属契約書にサインすることがないよう、お気を付けください。