IMG_20200506_142028.jpg

​ご購入プロセス

​リサーチからクロージングまで

 

​1. 予算を決める

現金一括購入でない場合、まず最初に、金融機関に融資可能額をお尋ねください。年収、資産、クレジットスコア、頭金等により、金額を出してもらえます。テキサス州でローンを出せる銀行をお選びください。


米国でなく、日本にご在住の方は、日本の金融機関による不動産担保ローンをご検討頂くことを勧めます。

2. バイヤーズエージェントを決める

不動産を買いたい方を代理するエージェントに仲介をご依頼下さい。利益相反を避けるため、テキサス州では売主と買主の両者のエージェントとなることは出来ません。エージェントは取引毎にいずれかを代理します。***当地では「不動産会社」を選ぶのではなく、エージェントを選びます。

詳しくはこちら

3. 物件を探して内覧する

不動産エージェントはMLSを用いて物件を探します。 Realtor.comやZillowよりも更に詳細の条件による検索が可能です。ところで、それらの一般消費者向けサイトには、限られた新築物件情報しか掲載されていません。

現地にお住まいでないお客様は、FaceTimeやLINE経由でバーチャル内覧可能です。

内覧アレンジはバイヤーズエージェントにお任せください。ご自身で広告主にコンタクトされますと、その後でバイヤーズエージェントが取引に関われなくなる可能性があります。​​

4. オファーを入れる​

気に入った物件が見つかったら、購入金額と条件を正式にオファーします。最近は、売り物件が出るとすぐ、1~2日で複数のオファー(Multiple Offers)が入ることがあり、表示された売値で買うことはかなり厳しくなっています。

5. 契約を結ぶ

​オファーが受け入れられると、売主が契約書にサインします。物件価格の1~2%程度の手付金を支払います。

通常、7~10日程度のオプション期間を設定し、その間は特に理由がなくても契約を解除出来ます。

6. インスペクション実施

契約締結後すぐに、物件の構造・機能を検査します。欠陥が見つかった場合、引き渡しまでに修理するのか、売買価格で調整するのか、売主と交渉します。遠隔地から契約成立後、オプション期間中に内見する方もいます。

​どうしても折り合いがつかなければ、オプション期間中に売買契約を解除します。手付金は戻されます。

7. 銀行ローン承認

収入・資産等の最新の必要書類を提出します。同時に、銀行がアレンジしたアプレイザーが物件価値を査定・評価します。資金を借りたい方の支払い能力と担保となる不動産の価値を確認した上で、銀行は住宅ローンを承認します。

8. クロージング​

タイトル会社のオフィスにてクロージング、鍵の受け渡しとなります。売主と買主は対面でなく、別々に手続きを行います。現地を訪れることなく、リモートクロージングも可能です。